びろう葉帽子の下で
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

びろう葉帽子の下で

残り1点

¥2,860 税込

送料についてはこちら

著者 山尾三省 出版社 野草社 発行 2020/2/6 19.4 x 14.2 x 3 cm/376P 山尾三省といえば屋久島でのコミューン活動が有名で、彼の詩の人気もその活動と相まっていたと思うのですが、逆に彼のコミューン活動にまったく興味をもたない人にとっては、その詩はほとんど読まれないものだったのではないでしょうか。  没後20年近くが経ち、山尾三省の詩集が、新版として出版されました。何の先入観ももたず、その詩を読む。すると浮かび上がってくるのは「沈黙から生まれる言葉」という、まさに詩そのものであることがわかります。装画は画家のnakaban。序文の今福龍太、また付録の栞(手塚賢至、nakaban)の文章も、それぞれの角度から山尾三省の姿を語っています。