長田弘 詩ふたつ
5ef19a6ad3f1674e79346af8

長田弘 詩ふたつ

残り2点

¥3,080 税込

送料についてはこちら

著者 長田弘 出版社 クレヨンハウス 発売日  2010/5/20 25 x 19.6 x 0.8 cm 長編の詩が二つ、そして各ページにクリムトの樹木と花々の絵、という非常に贅沢な詩集です。 最初の一篇「花を持って、会いにゆく」は墓参りの詩なのですが、死者と生者との感応で全篇がおおわれているため、抹香くささがまったくなく、ある淡い光のようなものを感じさせます。 どこにもいない? 違うと、なくなった人は言う。 どこにもいないのではない。 どこにもゆかないのだ。いつも、ここにいる。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 病に苦しんで なくなった母は、 死んで、また元気になった。         「花を持って、会いにゆく」から 森のなかでは、 すべてがことばだ。 ことばでないものはなかった。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 冷気も、湿気も、 きのこも、泥も、落ち葉も、 蟻も、ぜんぶ、森のことばだ。       「人生は森のなかの一日」から