new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

美しいってなんだろう?

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

著者 矢萩多聞・つた 出版社 世界思想社 発行 2022/6/21 まるで人類の歴史の断面ををズームで覗き込んだかのような本です。 「学校」のない時代から人類は、歌い、祈り、絵を描き、文字を書き、いたずらだってした。また火に慄きながらも、草やこねた土を焼き、料理を作り、そして死者を焼いてきた。 インドであれ極東の島国であれ、連綿と続いてきたそんな営みが、驚くべし! この多聞さんの本には現代の話としてすべて詰まっているのです。そして「美しさ」とはそのような暮らしの中に宿るものであることを、著者は心を尽くして語ります。 最後、人類史の最も新しい時間を生きる娘・つたさんが書いたおばあさんへの手紙は「悲しんでも、悲しみきれない」命の歴史そのものの力が宿った言葉として胸に響きます。

セール中のアイテム