other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

日本の地下水 ちいさなメディアから

¥2,860 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者 鶴見俊輔 発行 編集グループSURE 発行日 2022/6/25 本書は、2015年に93歳で逝去した哲学者・鶴見俊輔さんの生誕100年を記念して出版されたものです。 敗戦後まもなく23歳で雑誌「思想の科学」を創刊した鶴見さんは、以来50年間にわたって同誌の編集の中心を担いつづけました。この雑誌の特徴のひとつに、各地の暮らしの底流をなす考えを汲み上げ、それを知恵にしていこうという姿勢がありました。 その中で1960年から21年間にわたり同誌上で複数の筆者によって、さまざまな地域のサークル雑誌評「日本の地下水」が連載されました。今で言えばリトルプレスとかZINEの評にあたるでしょうか。 本書『日本の地下水──ちいさなメディアから』は、この長期連載のなかから鶴見さんが執筆したものを集成したものです。 ここには〈おだやかさ〉を保つ鶴見さんの文体が、いかに歴史の荒波をかいくぐって鋭さを持ち続けてきたかが、よく表れています。今、私たちは精神の底がぬけるような日々を生きていますが、この本は、そのような私たちにとっての底にある「まともさ」を思い起こさせ、勇気が湧いてくる内容になっています。解説は鶴見俊輔をよく知る黒川創。

セール中のアイテム