しるもの時代
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

しるもの時代

残り3点

¥880 税込

送料についてはこちら

著者 木村衣有子 出版社 木村半次郎商店 発行 2020/7/6 文庫サイズ 文庫本サイズで軽やかなデザインの装幀なので、てっきり若い女性による食べ物か旅のエッセイなのかと思いきや、実はとてもまっとうに、家庭料理や料理本について書かれた本なのです。 ダシとしての煮干しやコブの使用はそんなに古い時代からではないなど「料理の伝統」について、刷り込まれた思い込みを知らされます。 インスタント食品の恩恵を受けつつも、料理本によってそれに対する罪悪感も背負うことになったことなど、私たちが毎日料理しながら感じていることから目をそらさずに書かれてあるので、とても信頼感がわいてきます。