other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

池田得太郎 異端小説集

¥2,970 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者 池田得太郎 発行 宮内書房 発行日 2022/11/20 2022年の東京文学フリマで販売され、好評を博した小説集です。 池田得太郎は1936年生まれ。1958年に中央公論新人賞に応募した「家畜小屋」が選考委員の三島由紀夫から絶賛を受け選外佳作としてデビュー。 1970年代まで商業雑誌や同人雑誌などで小説やエッセイを発表するも、それ以降は消息不明。 「本書は異端の作家、池田得太郎の数少ない作品の中から人が獣となる『変身小説』を中心に収めた。‥彼の変身小説では、決して主人公は変身しない。‥自分だけが変われないこと。それは編集するわたしにとっても他人事ではなく、傷つきやすい彼の足跡を辿ることは日々の救いともなった。読者にとってもこの作品集が少しでもそうなることを祈る。」(あとがきより) 〈目次〉 〇家畜小屋 〇鶏の脚 〇羊の島 〇泥の泉 ・池田得太郎 年譜 ・解説「池田得太郎の足跡」

セール中のアイテム