ブックオフ大学
new

ブックオフ大学

残り3点

¥1,430 税込

送料についてはこちら

著者 武田砂鉄、島田潤一郎他 出版社 夏葉社 発行 2020/11/5 この本の初代は岬書店というレーベルから出版され、当店も何冊か仕入れたもののすぐに売切れてしまいました。で、この新装2代目は、本家の夏葉社からの出版です。 「ブックオフ」とは、またスキ間をついたテーマを選んだものだと思います。しかしとにかく各執筆者の熱いこと、熱いこと。明るく饒舌な語りがこれでもかと続きます。 ある者はブックオフの「暴力性」(これはほめ言葉・安いこと)を語り、またある者は「私の体はブックオフでできている」と豪語する。その愛ゆえに、最近のブックオフは変わった、もう昔のお前じゃないという嘆きも聞こえてきます。 共通するのは、お金がなくて本を求めていた青年期とブックオフの開店とがちょうど重なっている世代であること。 マンガもディープです。